Excelワザ 自動的に連番のふり直し

ROW関数というのがあります。

=ROW():式を入れたセルの行番号が求められます。
例)式を入れるセルが「A3」なら「3」が返されます。


Excelで会員表などを作り、会員さんが減った場合、
行削除すると、
減った番号が抜けてしまいます。
例)会員番号「4~6」を削除
b0186959_9253684.jpg

                          

「1、2、3、7、…」となってしまいます。
b0186959_9534890.jpg
  
b0186959_9325030.jpg


そこで、番号を入れるセルに「Row関数」を入れておくと、自動的に番号をふり直してくれます。
例)式を入れるセルが「A3」なら
=RPW()-2
(3-2=1 開始番号1になるように、求めた行番号から2引く

b0186959_9483431.jpg

この式を下にオートフィルでコピー
すると、行を削除しても「1、2、3、4、5、…」と
番号をふり直してくれます。049.gif
b0186959_9505433.jpg

[PR]

by school-pc | 2009-07-10 09:55 | Comments(0)