Excelワザ 重複データをチェックする

条件付書式を使うと、
重複しているデータを簡単に見つけ出すことができます。

1.リストを範囲選択
2.条件付書式
 「数式が」にして式入力
=COUNTIF($A$2:$E$11,$B2)>1
(B列のデータで重複かどうかを見るので、B列を絶対参照)
Count関数でB2のデータの数を数え、1より多ければ、
その行に書式をつける、例えば重複するデータ行にピンク

b0186959_153379.jpg

b0186959_1535187.jpg

b0186959_15254278.jpg

すると、重複するデータの行に色が付きました。
b0186959_15115439.jpg


条件付書式を使わずに
B列のデータの重複を見たいときは
別の列にIF関数とCount関数を組み合わせた式を入力します。
=IF(COUNTIF($B$2:$B$11,$B2)>1,"重複あり","")
b0186959_15224158.jpg

[PR]
by school-pc | 2009-08-03 15:27 | Comments(0)