Excelワザ 五捨六入もできます!

前日のまるめの関数の中の
ROUND(ラウンド)関数
(数値を指定した桁数になるように四捨五入する関数)
を使って、五捨六入もできます。
b0186959_20505217.jpg

「12.5」という数値を、ROUND関数を使って
整数値に四捨五入すると、「13」が返されます。
五捨六入するには、
小数点第一位の数値から「0.1」を
引いて四捨五入します。
「12.5」から「0.1」を引くと「12.4」
これを四捨五入すると、結果「12」という数値が返されます。

また、INT(イント)関数でも五捨六入できます。
INT関数は少数値を切り捨てて、整数にする関数ですので、
「0.4」をたして、小数点第一位が「0.6」以上の場合は、「13」を返し、
0.5以下の場合は、切り捨てて12を返します。
(12.6+0.4=13.0   12.5+0.4=12.9で切り捨てると「12」)
b0186959_2163054.jpg

[PR]
by school-pc | 2009-10-06 21:07 | Comments(0)