Excelワザ CHOOSE(チューズ)関数

リストの中から、該当する値を
表示させたいとき、
VLOOKUP関数やHLOOKUP関数は
あらかじめ検索する表を作成しなければ
なりませんが、
CHOOSE関数は
引数が検索するリストになります。
b0186959_1916393.jpg

1.セルA2の
 書式→ユーザー設定
 「0”代目”」としておく。
b0186959_18352497.jpg

2.セルB2に式
 =CHOOSE(A2,"徳川家康","徳川秀忠",
  "徳川家光","徳川家綱","徳川綱吉",
  "徳川家宣","徳川家継","徳川吉宗",
  "徳川家重","徳川家治","徳川家斉",
  "徳川家慶","徳川家定","徳川家茂",
  "徳川慶喜")

3.例えばセルA2に「5」と入力すると、
b0186959_1918928.jpg
  
「引数」は最大30個まで指定可能ですので、
「インデックス」を除いて29個まで指定できます。
表を作らずに、求めたいときは
便利な関数かもね(^_-)-☆
[PR]
by school-pc | 2010-05-18 18:38 | Comments(0)