Microsoftの牙城が…

オープンオフィスという
無料のオフィスソフトがあります。
見た目も使い方もMS社の
MS Officeによく似ている。
MS Officeは通常版だと2万~5万位する。
タダと、5万と、えらい違い。

徳島県では、7月から
庁内の約4000台のパソコンに
無料のオープンソフトを入れ、
1億円以上の経費削減。

山形県もすでに2月から
約5600台のパソコンに
オープンソフト導入。

他にも
福島県会津若松市は
平成19年から庁内のパソコンすべてに
「オープンオフィス」を導入した。

大阪府箕面市でも教員用の約400台のパソコンや、
授業で子供が使う千台を超えるパソコンに
オープンオフィスを採用。
教員用パソコンは基本ソフト(OS)も
有料のWindowsから無料の
リナックス系ソフトに切り替えた。

八尾市ではオープンオフィスを試験的に使用している。

どんどん、そんな自治体が増えるかも…
なんといってもタダだもんねぇ…
OSも無料のリナックス系等々

Microsoftの牙城がどんどん崩れていく…
5年先にはどうなっているやら…
Officeの講習も変わっていくかも…
[PR]

by school-pc | 2011-06-30 13:18 | Comments(0)