Officeが………

Officeの購入、今後気をつけなきゃ~(゜.゜)


秋冬モデルのPCから付属のOfficeが変わります

マイクロソフトは、2014年10月17日より、Microsoft Officeの新製品として、プリインストール向けの「Office Premium プラス Office 365サービス」と、パッケージ販売向けの「Office 365 Solo」を発売します。

プリインストール版は「Office Premium プラス Office 365サービス」

大手メーカー製パソコンには、Microsoft Officeを付属して販売しているタイプが多いです。
この付属される中身が、10月17日以降は「Office Premium プラス Office 365サービス」または「Office Professional Premium プラス Office 365サービス」になります。
※すべてが切り替わるわけではありません。従来版のプリインストール版Officeも残ります。そのため、新規にパソコンを購入する際は、どちらのタイプにするか十分検討する必要があります。

大きな変更点

今までと大きく変わる点は、バージョンアップが無料になる点です。
従来のプリインストール版Officeの場合、バージョンアップするためには新製品を再び購入する必要がありましたが、10月17日以降に提供される「Office Premium プラス Office 365サービス」の場合、常に最新版に無料でバージョンアップできます。

サブスクリプション形式とは

その理由は、サブスクリプション形式(ソフトの利用期間に応じて料金を支払う方式)に変わるからです。但しこれまで通り、Officeのライセンスは購入者ではなく、購入したパソコンに紐づけられています。そのため、無料でバージョンアップし続けられるのは、あくまでもそのパソコンを使っている間に限られます。パソコンが壊れて使えなくなったり、パソコンを手放した場合は利用できなくなるので注意が必要です。

Office Premium プラス Office 365サービス

Office 365サービスとは?

Office 365サービスは、Microsoftアカウントに紐づけられたライセンスです。利用期間は「Office Premium プラス Office 365サービス」をセットアップ(インストール作業)した時から1年間です。利用期間が切れた場合は、1年間有効な「Office 365サービス 価格5,800円)を購入すれば、継続して利用できます。

パッケージ販売向けの「Office 365 Solo」

従来のパッケージ版に、「Office 365 Solo」が追加されます。
「Office 365 Solo」は、2台のパソコン(Windows/Mac どちらも可)で、OfficeソフトとOffice 365サービスを1年間利用できます。

「Office 365 Solo」に含まれるOfficeソフトは、Windows用なら「Office Professional 2013」と同内容で、Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessが含まれます。
またMacの場合は「Office for Mac Home & Business 2011」と同内容になります。
価格は1年間の利用料11,800円です。(2台分)
[PR]

by school-pc | 2014-11-04 10:23 | Comments(0)