Windows10

Windows10
マイクロソフト社は、2015年下半期に公開予定の次期OS Windows10を、発売日から1年間に限り、無料でアップグレードできる事を発表しました。
対象となるOSは、Windows 8.1、Windows Phone 8.1、Windows7
これからのWindows OSは、次期メジャーバージョンのリリースを待つことなく、次々と新機能が追加され、アップデートされるようになります。
Windows10とは
1.Windows10は、スマホやタブレット、パソコンなどすべてのデバイス間で動作し、自動的に同期されるOSに生まれ変ります。
2.スタートメニューは、Windows7のようなデザインから、フルスクリーンまで拡大できます。
3.アクションセンターは、スマホの通知センターのように見やすくなり、WiFiやVPNの切り替えもボタン表示で確認できます。
4.キーボードやマウスを取り外すと、自動的にタブレットモードになり、キーボードをドッキングすると、見慣れたパソコン画面として動作します。

新機能「コルタナ」
Windows10には、音声認識システム「Cortana(コルタナ)」が搭載されます。
Cortanaは、ユーザーの操作を学習し、それに応じた情報提供やリマインダー通知などを行うパーソナルアシスタントです。音声認識だけでなく、キーボード入力にも対応します。
Cortanaは、パソコンのスタートメニューに常駐し、アプリの検索や起動ができます。「音楽をかけて」と言えば音楽を再生し、「静かにして」と言えば一時停止し、音声のみでメールを送ることもできます。

新ブラウザー「スパルタン」
IEは、スパルタン(コードネーム)と呼ばれる新しいブラウザーに進化します。閲覧中のWebページに対し、キーボードやペンによる手書き入力で注釈を書き込み、共有できます。また画面で文章を読みやすくするリーディングモード機能や、後で読むために保存しておくリーディングリスト機能も提供され、パーソナルアシスタントのCortanaとも連動します。

Office2016の発売日
マイクロソフト社は、Office2016の発売日を、Windows 10の無料提供日に合わせ、2015年後半に発売することを発表しました。モバイル端末では無料提供されます。
Windows10は、スマホやタブレット、パソコンなどすべての端末をシームレスにつなぐOSに生まれ変わり、共通のソフトウェアとしてユニバーサルアプリが導入されます。
Office2016も同様に、パソコンだけではなく、キーボードやマウスを使わずに、モバイル端末でも使いやすいアプリになります。
[PR]

by school-pc | 2015-02-02 13:25 | Comments(0)