Excelワザ_Isformula関数

Mさんからさらに…(^^;
2015/11/4記事の追加。

商品コードを
だ~と入力していきたい。
が、右隣のセルに
文字列の入ったセルか
または空白のセルは
飛ばしたいので、入力規則で「ピロ~ン」と
音が出て、入力しないようにしたい。
b0186959_18153332.jpg

11/4記事のは隣のセルが
文字列だけの場合だったので、
「入力値の種類」→ユーザー設定
 「数式」→「=ISTEXT(C2)=FALSE」
で出来たが、空白のセルがある場合は、
入力できてしまう。

2つの条件にあてはまる入力規則を作るには、
バージョン2010までは、
①作業列を1列作って空白の表にも何か文字を入れておく。
②VBAを使うl。
のどちらかしか方法がなかったが…
Excel2013で追加された関数
Isformula関数で出来ます!
b0186959_17192515.jpg


ISFORMULA関数
=ISFORMULAイズ・フォーミュラ(参照)
(参照)が数式かどうかを調べます。
戻り値は、(参照)が数式ならばTRUE(真)、
数式以外ならばFALSE(偽)になります。


入力するセル範囲を選択し、
 データ→データの入力規則
 →設定タブ
 「入力値の種類」→ユーザー設定
 「数式」→「=ISFORMULA(E2)=TRUE」
※ここで、数式の入っているE列を指定するのがミソ。
b0186959_18173464.jpg

すると、
右隣が空白のセルも文字列のセルも
ピロ~ンと音が出て、入力不可になります。
b0186959_1872022.jpg


2013、進化してるやん。
が、もう、2016が出てるので、
更に進化しているのか…(^^;
[PR]
by school-pc | 2015-11-20 18:08 | Comments(0)