京都ビジネス学院 舞鶴校

schoolpc.exblog.jp

能力評価・キャリア形成

2017年 06月 01日 ( 1 )

オートフィルで、数字や月等は連続データが出てきますが、
その他、英字や丸付き数字はオートフィルタでは出ません。
ユーザー設定リストに入力したら、出ますが…
b0186959_19122189.jpg
で、関数でA~Z、a~z
➀~⑳まで出すことができます。
Char関数(キャラクター関数)と
CODE(コード関数)を使います。
=CHAR(数値):数値を ASCII または JIS コード番号と見なし、それに対応する文字を返します。
=CODE(文字列):文字列の先頭文字に対応する ASCII または JIS コードを返します。

1.1行目に「A」や「a」や「➀」等
 連続データを出したい1番最初の文字を入力しておきます。
2.セルA2に式入力
 =CHAR(CODE(A1)+1)
b0186959_19301096.jpg
3.フィルハンドルで式を下にコピーします。
b0186959_19323139.jpg
  B,C,D,E…と入りましたね~~😄
4.「a」や「➀」も式を右にコピーして
 出します。
b0186959_19370893.jpg
丸付き数字は、⑳までですね、
21からはローマ数字になるのね、コード順だからか…
b0186959_19384422.jpg
5.他にも「α(アルファ)」~とか
 ひらがな、カタカナは小文字も間に入るのか…
b0186959_19422972.jpg
使うとしたら、…A~順に入力したい時と
①~⑳までくらいなら使えるかなぁ…(^^♪





[PR]
by school-pc | 2017-06-01 19:44 | Comments(0)