丹波市 円通寺

兵庫県丹波市氷上町 円通寺

椿のような?もみじ
b0186959_9161417.jpg

b0186959_9165363.jpg
b0186959_9164629.jpg

[PR]

by school-pc | 2013-11-23 23:14 | Comments(0)

立方体に「コロ」

b0186959_14401758.jpg
Gimpで…
立方体のほうが
バランスが良いね(^_-)-☆
[PR]

by school-pc | 2013-11-20 14:39 | Comments(0)

直方体の側面に写真

Gimpを使って
霧降の滝を
直方体の側面に飾ってみました。
b0186959_2125146.jpg

[PR]

by school-pc | 2013-11-18 21:02 | Comments(0)

霧降の滝

京丹後市網野町新庄
霧降の滝(きりふりのたき)
北都信金の今年のカレンダー
に写っているこの滝、
行って見ました。
なかなか良かったです。
b0186959_22232117.jpg

[PR]

by school-pc | 2013-11-17 22:24 | Comments(0)

Excelワザ_学籍番号から写真表示

コメントを頂いた「げん」様

学籍番号を選択したら、写真を表示するように。
ちょっと作ってみましたが…
こんなんでどうでしょう?

1.まず人数分の写真を用意。
  縦4㎝,横3㎝サイズ
  とりあえず25名分用意。
  写真のファイル名は
  学籍番号1001.jpg~1025.jpgとして用意。
b0186959_1545151.jpg

2.Sheet1のシート名を「学生名簿」
  Sheet2のシート名を「写真付き学生証」とします。
b0186959_1551220.jpg

3.学生名簿シートの
  ・A列に学籍番号
  とりあえずセルA2からA51まで
  「_1001」~「_1050」まで用意
  (※後の操作、名前の定義で、
  先頭文字に数字や、セル参照と同じ文字(A1001等)
  は使えないので、アンダーバー_を使い、
  「_1000」~「_1050」までとしました。)
  ・B列に氏名
  ・C列に写真を用意
  ・C列の列幅は「14.5」
  ・C列の行の高さは「124」
   (縦4㎝,横3㎝サイズに合わせるため)
b0186959_1563168.jpg


  ※写真を貼るときに、
  挿入→図(画像)で貼る方法と、
  =HYPERLINK("ファイルのパス\1001.jpg")
  HYPERLINK関数で、写真の入ったホルダーから直接写真を見に行き、コピー、貼り付けの方法がありま  すが、いずれも貼り付けの操作は必要です。ただ、D列にHYPERLINK関数を入れておくと、学籍番号と  写真の合致に誤りが生じないのでより確実かもしれません。
b0186959_1573655.jpg

4.名前を定義
  ・セルA2~A51を「学籍番号」
  ・セルA2~C51を「学生名簿」
  ・写真が入っているC列のセルC2~C51に
   それぞれの学籍番号を名前定義します。
  例えば、セルC2は「_1001」のように、
  一人ずつ名前を定義します。
5.「写真付き学生証」シートを表示。
  ページ設定画面で
  ・余白の設定
   →上余白:1.5 下余白:0.5
   →左余白:2 右余白:1.5
  ・列幅設定
   A列、C列、E列、G列、I列:列幅2
   B列、D列、F列、H列、J列:列幅14.5
  ・行の高さ
   1行目:12
   2行目・3行目:14
   4行目:124
   5行目:4
  ・全セル選択ボタンをクリック
   フォントを:MSゴシック、10ポイント
  ・セル範囲B1~B4に格子の罫線を引き、
   外枠太線。
6.セルB1に「学籍番号」と入力。
  セルB2にデータの入力規則設定。
  ・入力値の種類:リスト
  ・元の値:=学籍番号 と設定。
   すると、リストから選択出来るようになります。
b0186959_15102656.jpg

7.セルB3に式を入力
 =IF(B2="","",VLOOKUP(B2,学生名簿,2,FALSE))
   (もし学籍番号が空白なら空白、番号が入れば、
    学生名簿の2列目から完全一致のものを表示。)
   すると、番号に該当する氏名が表示されます。
b0186959_15111431.jpg

8.セル範囲B1~B4をコピー
  D1、F1、H1、J1に貼り付け。
9.1行目~5行目をコピー
  6行目、11行目、16行目、21行目に貼り付け。
10.これで、5×5 25名分の
  写真付き名学生証を入れる台ができました。
  「_1001」~「_1025」まで学籍番号をリストから選んでおきます。
b0186959_15114442.jpg

11.次にまた名前の定義をします。
  リストから学籍番号が入るようになった
  ・セルB2に
  「学生証01」という名前を定義します。
b0186959_15122721.jpg

  同様に残り24枚の学籍番号の入ったセル
  D2、F2、H2、J2
  B7、D7、F7、H7、J7
  B12、D12、F12、H12、J12
  B17、D17、F17、H17、J17
  B22、D22、F22、H22、J22
  に、「学生証02~学生証25」
  と名前を定義します。
12.さらに、名前の定義の画面で
  ・新規作成
  ・名前:「学生写真01」
  ・参照範囲:=INDIRECT(学生証01)
   と、参照範囲に関数式を入れます。
b0186959_151364.jpg

  同様に
  ・名前:「学生写真02~25」
  ・参照範囲:=INDIRECT(学生証02~25)
b0186959_15162750.jpg

  と、名前定義します。
13.次に学生名簿シートの
  「_1001」の学生の写真をコピー
14.写真付き学生証シートの
  写真を表示するセルB4に貼り付け。
  残り24枚の写真の入るセルにも貼り付け。
b0186959_1517458.jpg

15.学生証01セルB4に貼り付けた写真を
  選択した状態で
  数式バーに
  「=学生写真01」と入力。
b0186959_1520718.jpg

16.同様に2枚目以降の写真を選択した状態で
  数式バーに
  「=学生写真02~25」と入力
17.すると、学籍番号に合った写真が表示されます。
b0186959_1522426.jpg

18.さらに学籍番号を
  リストから選びなおすと、
  番号に応じた写真が表示されます。
b0186959_15224598.jpg


どうでしょうか、こんな感じで…?
[PR]

by school-pc | 2013-11-03 15:22 | Comments(0)