幸乃家のランチでした

今日は英会話教室の
Teacher JohnnyさんのLast Lesson
”Thank you Johnny!
for many enjoyable lessons together.
Good luck with your farm.”
でっかい農場経営頑張って!

幸乃家の夏ランチ
b0186959_9463977.jpg

[PR]

by school-pc | 2014-07-31 23:41 | Comments(0)

プリンタードライバー

Windows8.1PCから
Canon-MG5430プリンターに
無線で印刷してて
「プリンターと通信できません。」
とメッセージが出る。
b0186959_1763010.jpg

が、少し時間差が出るが、印刷はできる。
う~~む、
で、プリンタのドライバーらしいので、
Win8.1用のドライバーをいれたら、
直りました!
b0186959_1701633.jpg

なるほど…ドライバーか~~(^-^;
[PR]

by school-pc | 2014-07-31 17:00 | Comments(0)

横長画面が直った????

OFFICEの更新プログラムを
入れたら直った……??
みたい??
b0186959_19345976.jpg

[PR]

by school-pc | 2014-07-29 19:32 | Comments(0)

Windows8って…横長画面

Windows8で、画面がワイド
の場合、
ダイアログボックスが異常に横長になる…
OSは windows8.1
にOffice2010
Office2003でも同様。
b0186959_11372551.jpg

非常に見にくい。

調べると…
ダイアログボックスが横長になる
このサイトに同様の内容が
マイクロソフトコミュニティ
こういうことか~~(・.・;)
見にくい…
改善策はないか…
Windows9で改善されるのか??
[PR]

by school-pc | 2014-07-28 11:40 | Comments(0)

Excelワザ_一度に名前の定義が出来る

そうか、こんな手があったか~~
今更ですが^_^;
一度に複数の名前の定義が出来るワザを紹介。

1.名前の定義をしたい複数列の範囲を選択。
b0186959_19383719.jpg

2.数式タブ→定義された名前
 →選択範囲から作成
b0186959_19411331.jpg

3.以下に含まれる値から名前を作成
 →上端行にチェック→OK
b0186959_19414224.jpg

4.名前の管理をクリックして確認
→4つの範囲が名前定義されています!
b0186959_19432789.jpg

一度に複数の名前定義したいとき
便利かも(^_-)-☆
[PR]

by school-pc | 2014-07-23 23:36 | Comments(0)

Excelワザ_フラッシュフィルでできない場合は…

2013から便利な機能「フラッシュフィル」
2014-6-20の記事

氏名に分けるだけならいいが、
こんな場合、
会社名、支店名、部署名
に分けたいとき、
支店や、部署がない
空白の場合は、
フラッシュフィルでは
うまく取り出すことができません。
b0186959_1432206.jpg


そこで、Excelには、
良い機能があります。
「区切り位置指定ウィザード」
1.区切りたいデータを選択、
2.データ→区切り位置
3.「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」
  にチェック→次へ
b0186959_14535828.jpg

4.「スペース」にチェック→次へ
b0186959_21162177.jpg

5.列のデータ形式「G標準」.
 表示先を表示したいセルを選択→完了
b0186959_14542698.jpg

6.「既にデータがありますが、置き換えますか?」
  と表示されるが、「OK」
b0186959_14501065.jpg

b0186959_1447414.jpg

データのないところは、空白になってますねぇ~
Goodな機能です。
[PR]

by school-pc | 2014-07-21 14:48 | Comments(0)

Wordワザ_ヘッダーについて

CS検定の新しい問題集
出版されたので
買って検証中。
バージョン4になり、
今回から
OFFICE2010で作ってあるので、
今までのやり方との相違点等
検証中。

1級のグループ文書を作るとき、
ヘッダーフッターに受験番号等を
入力するのですが、…
今度の問題集には、
丁寧に手順が書いてあり…

※※ヘッダーに設定されているスタイル※※
ヘッダーには「中央揃えタブ」と「右揃えタブ」が
設定されたスタイルが適用されているため、
「Tab」キーを2回押してTab記号を2つ挿入すると
そのあとに続く文字列は右揃えで配置されます。

b0186959_1793519.jpg

今までは、右端でダブルクリックして
入力していたが、
この方法、いいかも…
さらに、
※※タブ位置は左余白から何文字目かを
基準に設定されているため、
左右の余白サイズが標準と
異なるページでは右揃えの位置がずれています。
で、ルーラー上の「右揃えタブ」を
余白との境界までドラッグして
位置を調整します。

b0186959_179543.jpg


なるほどなぁ、今後はこのやり方で(^_-)-☆
[PR]

by school-pc | 2014-07-16 17:10 | Comments(0)

ええ話やわ~~

2014/7/11(金)
あなたのレジに並びたい」
[PR]

by school-pc | 2014-07-11 10:20 | Comments(0)

Excelワザ_複数データの取り出し

かなり、苦戦したので、備忘録
生徒さんからの質問で…
「日々入力するデータを1月ごとに、
事業所別に、該当するデータを集計したい!
ダイレクトに集計表に表示したい!」
マクロを使わずに…
フィルタも使わずに…
ピボットテーブルも使わずに…

簡単ではなかった…(^_^;)
ネットでググると、
同じような事をしたい人がかなりいて、
解答事例もたくさん有り。
その中に「imogasi方式」なるものを発見。
imogasi氏曰く
>「もう回答は出尽くしていますが、
いつも気になることを書きます。
この種の質問は週に3度ぐらい出ます。
タイプは「条件付き抜き出し問題」です。
しかし関数でやるのは、
1セル当たりでも非常に長い式で、
関数の5式以上の組み合わせになる式になります。
エクセルには検索に適した関数が作られてないことが原因です。
初心者には、自分で生み出せる式でなく、
式の意味もわからないと思う。
コピペして出来ましたと、それで良い人は使ったら良い。
しかし質問者の場合への修正も一苦労。
解法のタイプは
(1)A 作業列を使う
   B 使わない
(2)A 配列数式を使う
   B 使わない(通常の式)
(3)A ユーザー定義関数を使うー(一種のVBA)
   B 使わない。
(4)フィルタ
ですから、私は
(1)操作又は、フィルタ
を使うことをすすめます。
(2)VBA
(3)特別のソフト(フリーソフト)
(ただし見つけるのが難しい)
を考える人もあるでしょう。
私は長年「imogasi方式」と
いうのを書いてきました。
上記で言うと(1)のAにあたります
Googleで「imogasi方式」で照会すれば、
沢山の質問回答の例が出て、
私以外の、タイプの回答も毎回出ています。……」


ということが書いてあり、
色々ほかのやり方を試してみたが、…
データ量が増えると上手くいかなかったり…
かなり苦戦した(・へ・)

で、結局、
「imogasi方式の作業列を使ったやり方」
で作ることにした。

例題)
日々のデータを入力しているシートから
該当する講師ごとに、
レッスン日、コース名、レッスン名、時間の行
を取り出し、1か月分のレッスン時間,講師料を集計する。
講師がやめたり、入ったり、講師数の変動あり。
<入力データシート>A列~G列まで7列
b0186959_11474027.jpg

<講師別集計シート>
b0186959_1385890.jpg


1.準備として、
 ★範囲名に名前の定義
 範囲名を4つ作ります。
 まず、<講師名簿シート>
b0186959_12571647.jpg

 ここで、Excelワザ!
 講師の増減がある場合、
 いちいち講師名リストを選択するのは、面倒なので
 OFFSET関数を使います。
=OFFSET(基準セル、移動する行数、高さ(行数)、幅(列数)
=OFFSET(講師名簿!$B$2,0,0,COUNTA(講師名簿!$B:$B)-1,1)
b0186959_1343416.jpg
 
 講師名の入っているB2を基準セルとし、
 移動する行、列は、「0」
 高さはCOUNTA($B:$B)を指定します。
 これは、B列に何か値が入力されたセルの数を数え、
 見出し行分を含めないように-1引きます。
 幅は、講師列だけなので、「1」を指定します。
同様に、入力データシートの
 範囲名:講師名
 =OFFSET(入力データ!$D$2,0,0,COUNTA(入力データ!$D:$D)-1,1)
 範囲名:入力データ
 =OFFSET(入力データ!$A$2,0,0,COUNTA(入力データ!$A:$A)-1,7)
 範囲名:作業列
 =OFFSET(入力データ!$H$2,0,0,COUNTA(入力データ!$H:$H)-1,1)
これで、4つの範囲名作成。
2.講師別集計表のC1に
 リストから講師名が入るように入力規則を設定。
b0186959_13342317.jpg

 すると、リストから選択できるようになります。
b0186959_13525950.jpg

3.入力データシートの作業列,H2に
 =IF(D2=講師別集計!$C$1,COUNTIF($D$2:D2,講師別集計!$C$1),"")
 (条件と一致した行に連番を入れる式です。
  D2の講師名と講師別集計表のC2の講師名が同じなら、
  D2から数えて、何個目かを表示します。同じでないなら、空白)
 この式を下方向へコピーしておきます。
 すると、一致する講師の作業列に1,2,3、
 と連番が振られます。
b0186959_13505550.jpg

この連番を利用して、
4.講師別集計シートの
 セルB5~F5に式入力
(右方向に式をコピーし、
  INDEX関数の中の列番号を修正)
b0186959_14425845.jpg

6.B列は「m/d」(日付)に
 F列は「h:mm」(時刻)表示にする。
 時間の合計欄は「[h]:mm」にしておく。
出ました~~~!
b0186959_1422393.jpg


 
  
[PR]

by school-pc | 2014-07-07 11:48 | Comments(0)