Excelの開発タブの中に「フォーム」という
便利な機能があるので、
利用方法の一つを紹介。
b0186959_10561126.jpg


例 半年間の部門別売上表があります。
これを月別に部門ごとの構成比をみるグラフを作りたい。
b0186959_10583770.jpg

1.開発タブ→挿入→リストボックス
2.リストボックス右クリック→コントロールの書式設定
 入力範囲に1月~6月のセル範囲
 リンクするセルにE10 単一選択
b0186959_113328.jpg

3.グラフ作成用のデータを抽出するために
  部門ごとの数値が出るようにINDEX関数を使って
  電 化:=INDEX($B$2:$F$7,$E$10,1)
  食料品:=INDEX($B$2:$F$7,$E$10,2)
  衣 料:=INDEX($B$2:$F$7,$E$10,3)
  家 具:=INDEX($B$2:$F$7,$E$10,4)
  雑 貨:=INDEX($B$2:$F$7,$E$10,5)
b0186959_11134558.jpg

4.さらに元の表のどのデータか、行に色が付くと
  わかりやすいので、条件付き書式を使って
  セル範囲A2~G7を選択し、
  条件付き書式
  
b0186959_11204976.jpg

  該当する月の行に色が付きます。CONCATENATEでもOK。
5.グラフは、C12~G13を選択し、円グラフに。
  凡例とタイトルを消して、
  データラベルの
  分類名とパーセントを表示します。
 A15には、=CONCATENATE(E10,"月")
        =E10&"月" でもOK・
 月が表示できるようにしておきます。
b0186959_11301861.jpg

6.月を選択しなおすと
b0186959_11312967.jpg

月別に該当データに色が付き、月別、部門別の
構成比グラフが、月を選択するだけで出来ます(^_-)-☆
[PR]
by school-pc | 2015-02-25 11:31 | Comments(0)

余分なスペースは
Trim関数で取れるけど
「井上」を「井 上」のように
一文字ずつスペースを入れる場合は……
T先生、これでどうでしょう?

b0186959_20353786.png


セルA2に名前
セルB2に式
=CONCATENATE(MID(A2,1,1)," ",MID(A2,2,1)," ",MID(A2,3,1)," ",
MID(A2,4,1)," ",MID(A2,5,1)," ",MID(A2,6,1)," ",MID(A2,7,1)," ",
MID(A2,8,1)," ",MID(A2,9,1)," ",MID(A2,10,1)," ")

苗字がとりあえず4文字の人まで実験完了。
[PR]
by school-pc | 2015-02-20 20:37 | Comments(0)

2月度合格者

今日のライフインフォメーション。
和田さん合格おめでとう!

新規生徒絶賛募集中!!

b0186959_14213433.jpg

[PR]
by school-pc | 2015-02-15 14:21 | Comments(0)

b0186959_19155210.jpg

[PR]
by school-pc | 2015-02-11 23:15 | Comments(0)

大雪です…(゜.゜)

舞鶴、よく降りました…
20cmは積もったかなぁ
b0186959_10544226.jpg

[PR]
by school-pc | 2015-02-10 10:54 | Comments(0)

b0186959_18114216.jpg

A1に計算式
(=は、いらない)
この計算結果を
B1に表示させます。

1.名前の定義
 数式→名前の定義
 「名前→計算結果表示」
 「参照範囲に
 =EVALUATE(A1)」と入力。→OK。
b0186959_1871715.jpg

2.表示させるB1に
 「=計算結果表示」と入力。
b0186959_18143747.jpg

3.すると、
b0186959_18154394.jpg

出ました!
4.式を変えてみると、
b0186959_18285132.jpg

※このファイルは「マクロ有効ブック」
にしないとだめです。
一般機能の関数の中には「EVALUATE]
という関数はありません。
[PR]
by school-pc | 2015-02-06 18:16 | Comments(0)

Tさんからのヘルプ。
Wordで中央揃え、右揃え
がグレーアウトになって、選択できない!
b0186959_1825754.jpg


原因は……!
ここです。(*_*;
ページ設定の文字数と行数を設定したとき
誤って、
「原稿用紙の設定にする」に
チェックが入ってしまった!
b0186959_183353100.jpg

すると、右揃えも中央揃え等も
出来なくなるのです。
ちょっと手がすべっただけやのにね~~(^-^;
「文字数と行数を指定する」に
チェックを入れたら、
直りました(^_-)-☆
b0186959_1831223.jpg

b0186959_18325584.jpg

[PR]
by school-pc | 2015-02-04 18:32 | Comments(0)

b0186959_16405166.jpg

[PR]
by school-pc | 2015-02-03 16:40 | Comments(0)

Windows10

Windows10
マイクロソフト社は、2015年下半期に公開予定の次期OS Windows10を、発売日から1年間に限り、無料でアップグレードできる事を発表しました。
対象となるOSは、Windows 8.1、Windows Phone 8.1、Windows7
これからのWindows OSは、次期メジャーバージョンのリリースを待つことなく、次々と新機能が追加され、アップデートされるようになります。
Windows10とは
1.Windows10は、スマホやタブレット、パソコンなどすべてのデバイス間で動作し、自動的に同期されるOSに生まれ変ります。
2.スタートメニューは、Windows7のようなデザインから、フルスクリーンまで拡大できます。
3.アクションセンターは、スマホの通知センターのように見やすくなり、WiFiやVPNの切り替えもボタン表示で確認できます。
4.キーボードやマウスを取り外すと、自動的にタブレットモードになり、キーボードをドッキングすると、見慣れたパソコン画面として動作します。

新機能「コルタナ」
Windows10には、音声認識システム「Cortana(コルタナ)」が搭載されます。
Cortanaは、ユーザーの操作を学習し、それに応じた情報提供やリマインダー通知などを行うパーソナルアシスタントです。音声認識だけでなく、キーボード入力にも対応します。
Cortanaは、パソコンのスタートメニューに常駐し、アプリの検索や起動ができます。「音楽をかけて」と言えば音楽を再生し、「静かにして」と言えば一時停止し、音声のみでメールを送ることもできます。

新ブラウザー「スパルタン」
IEは、スパルタン(コードネーム)と呼ばれる新しいブラウザーに進化します。閲覧中のWebページに対し、キーボードやペンによる手書き入力で注釈を書き込み、共有できます。また画面で文章を読みやすくするリーディングモード機能や、後で読むために保存しておくリーディングリスト機能も提供され、パーソナルアシスタントのCortanaとも連動します。

Office2016の発売日
マイクロソフト社は、Office2016の発売日を、Windows 10の無料提供日に合わせ、2015年後半に発売することを発表しました。モバイル端末では無料提供されます。
Windows10は、スマホやタブレット、パソコンなどすべての端末をシームレスにつなぐOSに生まれ変わり、共通のソフトウェアとしてユニバーサルアプリが導入されます。
Office2016も同様に、パソコンだけではなく、キーボードやマウスを使わずに、モバイル端末でも使いやすいアプリになります。
[PR]
by school-pc | 2015-02-02 13:25 | Comments(0)