人気ブログランキング |

京都ビジネス学院 舞鶴校

Excel2010 ピボットテーブルの変更点

CS検定1級表計算
JAVADAが提供している
今年度の練習課題!

色々と違いがでてくるなぁ~~(-_-;)
今年度から問題が
2010ですべて作ってあるので、
2003、2007で解答するときに
「えっ!(?_?)」
と発見することがある。

課題2 設問4
ピボットテーブルで
解答を導き出すとき、
問題文では
「行集計に対する比率(%)で表示」
となっているが、
2003,2007では、
「列方向の比率」
で、求めることになる。

ネットで調べると、ありました。
クロス集計して、カテゴリー間の違いを比率(%ベース)で比べるときに使う、『フィールドの編集』の「計算の種類」のところに、とんでもない変更があった。

(旧)標準→(新)計算しない
(旧)列方向の比率→(新)行集計に対する比率
(旧)行方向の比率→(新)列集計に対する比率

<2010>
b0186959_11395928.jpg

<2007>
b0186959_1144974.jpg

これは、ちょっとねぇ~~~
間違いやすいわねぇ~う~ん026.gif008.gif
by school-pc | 2013-07-22 18:15 | Comments(0)
<< Excelワザ_1級表計算 関数 4年ぶりに…花はす公園 >>