Excelワザ_セル内改行の削除→都道府県と市町村に分ける   

2018年 06月 08日

住所が都道府県と市町村以下が
2行になっている住所録。
最終的に別セルに分けたいので,
まずセル内改行を取りたい。
b0186959_12211496.jpg
1.置換を使います。
「clean関数」でもできるけど、簡単な方法で。
 Ctrl+H→置換ダイアログボックス
 「Ctrl+J」と入力。(何も表示されない(^-^;)
 が、無視して、OK
b0186959_12392971.jpg
すると、
b0186959_12395951.jpg
置換されて、住所が1行になりました。

次に、都道府県と市区町村以下を
それぞれD列とE列に分けて表示したい。
と、ここで、2013からついた新機能の
「フラッシュフィル」を使ってみた。
「東京都」と以下の住所を別々に入力し、
データ→フラッシュフィル
b0186959_16564966.jpg
すると、
b0186959_16581539.jpg

あ~~~、やっぱり規則性がないか(;^_^A
神奈川県、鹿児島県、和歌山県、この3県だけは、
4文字、それ以外は3文字
で取り出さないと、ダメね(^^;
やっぱり、関数か…(^^;

D列に「=IF(MID(C3,4,1)="県",LEFT(C3,4),LEFT(C3,3))」
もし、4文字目が「県」だったら、左から4文字分を取り出す、
そうでなければ、3文字分を取り出す。

E列に「=SUBSTITUTE(C3,D3,"")」
C列の文字列を、D列の文字を検索し、
空白に置き換える。
すると、都道府県以下の文字だけが表示される。

b0186959_17182255.jpg

同じ数の都道府県なら、フラッシュフィルでできるけど、
全国のはダメね、フラッシュフィルの弱点でした(^^;





[PR]

by school-pc | 2018-06-08 13:12 | Comments(0)

<< 生野銀山 富久貴の滝 >>