京都ビジネス学院 舞鶴校

Excelワザ_予定表の作成(土日祝日に色を付ける)

★使用する関数

1.=DATE(年,,日)

DATE関数の引数(カッコ内)に、「年」、「月」、「日」を指定すると、その値がシリアル値に変換されます。

エクセルでは、DATE(デイト)関数を使って、日付を求めることができます。

エクセルの日付は「シリアル値」という値で管理されています。シリアル値は、190011日を「1」として、そこから日付が増えるごとにシリアル値も1ずつ増えていきます。

シリアル値の例:

190012日のシリアル値は「2

201841日のシリアル値は「43191」(190011日から4万日以上がたっているということになります。)

エクセルでは、1つのセルに「2018/4/1」と入力すると、それが自動的に日付と認識され、シリアル値に変換されます。ところが、セルを分けて「2018」、「4」、「1」と入力すると、それぞれ単独の数字として認識されてしまいます。

そこで、DATE関数を利用して、各セルに分断されている数字を日付のシリアル値に変更します。

2.=TEXT(値,表示形式)

「値」として指定された数値を、表示形式付けて変換した結果が返されます。

3.=WEEKDAY(シリアル値,種類)

WEEKDAY関数は、シリアル値に対応した「曜日の数字」を、以下の種類のように表示します。種類は13で指定しますが、指定する種類によって、「戻り値の最初の数字や対応する曜日」が違います。

種類の例:

1(省略)

1:日曜日

2:月曜日

3:火曜日

4:水曜日

5:木曜日

6:金曜日

7:土曜日

2の場合

1:月曜日

2:火曜日

3:水曜日

4:木曜日

5:金曜日

6:土曜日

7:日曜日

3の場合

0:月曜日

1:火曜日

2:水曜日

3:木曜日

4:金曜日

5:土曜日

6:日曜日

4.=INDIRECT(参照文字列) 参照文字列をもとにセルを間接参照する

セル参照を表す文字列を利用して、そのセルの参照を求めます。戻り値として返されるのは、参照先のセルの値ではなく、セル参照であることに注意してください。

<手順>

1.以下のように入力しましょう。

b0186959_10563936.jpg

.セルA1データの入力規則→設定→リスト→20182022までカンマで区切って入力。

セルA1

セルA2

.セルA2データの入力規則→設定→リスト→112までカンマで区切って入力。
b0186959_10585437.jpg
 →「年、月」がリストから選択できるようになります。
b0186959_10594491.jpg
.セルD1に式「="祝日"&A1」と入力。 2022年まで対応します。
b0186959_11073269.jpg
5.セルA4にDATE関数を入れます。
  =DATE(A1,A2,1)と入力。
b0186959_11085582.jpg

6.セルの書式設定→ユーザー定義で「d”にします。

  →「1日」と表示される。
b0186959_11093726.jpg

7.セルA5 =A4+1と入力します。

  オートフィルでA34まで式をコピーします。


8.セル
B4TEXT関数

  =TEXT(A4,"aaa")と入力
b0186959_11104165.jpg
  オートフィルでB34まで式をコピーします。
b0186959_11112768.jpg

★土曜日に水色、日曜日に黄色の色をつけましょう。

9.セル範囲A4C34まで選択します。

10.ホームタブ→スタイルグループ→条件付書式→新しいルール→数式を使用して…
 =WEEKDAY($A4,1)=7……セルの塗りつぶしを水色
 =WEEKDAY($A4,1)=1……セルの塗りつぶしを黄色

b0186959_11141981.jpg

例)=WEEKDAY2018/1/1)→月曜日なので「2」。

土曜日は水色、日曜日は黄色で塗りつぶしができます。

b0186959_11183300.jpg

★さらに、祝日にピンクの色を付けましょう。

11.範囲に名前を付けます。
(Web上の祝日一覧の表を利用しました。)

  祝日シートのセルA3A22→選択
  →名前ボックスで「祝日2018」と入力し、Enter2回(名前の1文字目は数字はだめです。)

  同様に、「祝日2019」「祝日2020」「祝日2021」「祝日2022」を名前定義。

b0186959_11194861.jpg
b0186959_11200442.jpg

12.条件付書式を追加します。

  セル範囲A4C34を選択し、

  →条件付き書式

  →ルールの管理
  →新規ルール

  →数式を使用して…

 =COUNTIF(INDIRECT($D$1),$A4)>=1

INDIRECT関数で返されるセル参照範囲(祝日&2018~2022)の中で、A列に入力されている数字が

1」以上だったら、書式の色を付ける。

b0186959_11260716.jpg
b0186959_11282893.jpg
すると、土日、祝日にそれぞれ色が付きました。
b0186959_11283523.jpg

[PR]
by school-pc | 2018-07-19 11:30 | Comments(0)
<< メルアド漏洩確認 ハイパーリンクの一括削除 >>