人気ブログランキング |

京都ビジネス学院 舞鶴校

Excelワザ_関数と表示形式で令和元年と表示

b0186959_15231448.jpg

1.まず関数で令和1年を令和元年に
 「=IF(TEXT(A2,"ggge年")="令和1年","令和元年"&TEXT(A2,"m月d日"),TEXT(A2,"ggge年m月d日"))」
b0186959_15232727.jpg

2.セルの表示形式を使って
[<=43585]ggge""m""d"";[>=43831]ggge""m""d"";ggg"元年"m""d""」
2019/4/30と2020/1/1のシリアル値を出しておく。
b0186959_15273289.jpg

DATESTRING関数

Numberstring関数は、
数字を漢数字に表示させます。
手入力しないと出てこない関数です。
b0186959_13554347.jpg
セルC24の合計金額を、
セルC13に表示させるとき
「943596」を
「九拾四萬参阡五百九拾六円」と表示するのが、
「Numberstring関数です。」
引数の「2」が↑この表示です。

引数の「1」が↓この表示
b0186959_14023084.jpg
引数の「3」が↓この表示です。
b0186959_14051295.jpg
「2」が小切手や領収証の手書き表示に使うかな。

さて、日付にもSTRINGと付く関数が。
「DATESTRING関数」です。
表示形式で令和表示になるようにアップデートされましたが、
関数では、DATESTRING関数を使います。

生年月日から、年齢を
「○年○月○日」と表示したり、
入社年月日から勤続年数を出したりするのには、
DATEDIF関数を使います。
DATEDIF関数も手入力で。
b0186959_16332691.jpg
年齢を出すには、
b0186959_16335305.jpg
歳は、「=DATEDIF(D3,$D$1,"Y")」
ヶ月は、「=DATEDIF(D3,$D$1,"YM")」
日は、「=DATEDIF(D3,$D$1,"MD")」
で出します。
b0186959_16340247.jpg
入社日から今日まで勤続年数は
b0186959_16341024.jpg
「=CONCATENATE(DATEDIF(H3,$D$1,"y"),"年",DATEDIF(H3,$D$1,"ym"),"ヶ月")」
で、何年何ヶ月と出すことができます。
CONCATENATE関数で式、文字を結合。
b0186959_16341959.jpg
基準日となる本日の日付(セルD1)は
TODAY関数で出しますが、
結果をDATESTRING関数で、令和表示にします。
b0186959_16414044.jpg
「=DATESTRING(TODAY())」

「DATEDIF関数」
「DATESTRING関数」
「NUMBERSTRING関数」
3つの関数、すべて手入力で。
関数の挿入のダイアログボックスにはないです。



Windows10 アップデート

Windows10の最新バージョンは「1903」

スタート→設定→バージョン情報
で確認できます。
最新バージョンの「1903」のアップデートしてみました。
不具合は出ないと思うが、様子見…
b0186959_14535349.jpg

2016ブックを2013に

Excel2級取得対策に
九州文化出版の問題集を使っています。
b0186959_11285587.jpg
問題のデータはダウンロードして使うのですが、
バージョン2016で作って
2013で保存したものが提供されています。
b0186959_11295619.jpg
大勢に影響はないのですが、
2016は既定フォントが游ゴシックです。
行間が2013までは13.5
2016は18.75で、
1画面で表示しきれなくなり、見にくい(^-^;
全セル選択し、2013の既定フォントMSPゴシックにしても
グラフ内の文字、シート状の図形、テキストボックスなどは游ゴシックなので、
課題4の「MSPゴシック11ポイント」にしなさい、というところがマズイ(^-^;

で、これを2013仕様に変えましょう。

★ページレイアウト→テーマ→フォント
 →Office MSPゴシック
 にします。
b0186959_11494964.jpg
すると、行間も13.5
グラフ、図形、すべてMSPゴシックになります。
b0186959_11550648.jpg
バッチリです(^_-)-☆


6月度試験

今回は、1人で2科目
3級表計算
3級ワープロ
両方合格!
おめでとう!Chikaちゃん!
9月は2級GETだ!!
b0186959_11253745.jpg

「あ」「A」を中央に表示したくない!

「Snipping Tool」を使うとき、
選択したい範囲の中に
「あ」「A」が入ってしまうことがあります。
b0186959_10280177.jpg

これは、ちょっと邪魔なので(^-^;
★非表示の方法
1.IME言語バーのツール
 →プロパティ→IMEの設定
 →IME入力モードの切替の通知の
  チェックを外す

b0186959_10304669.jpg
2.すると、もう中央に出ませんね。
b0186959_10341790.jpg
 必要になれば、またチェックを入れて表示しましょう。


Snipping Tool

Windowsに標準でついている
「Snipping Tool」
Printscreenボタンやほかのキャプチャーソフトも
あるけれど、
「Snipping Tool」なかなか便利(^_-)-☆

★Windowsアクセサリに入っています。
 タイルかタスクバーに登録しておくと良いですね。
b0186959_10222225.jpg
1.新規作成→キャプチャーしたい範囲をドラッグ
 すると、画像として取り込まれます。
b0186959_10223175.jpg
2.あとは、ファイル→保存
で、画像として利用できます。

なかなか便利。
必要な部分だけ素早く取れて良いです。